着付の名⾨⽊久学院では、静岡県を中⼼に、きものの着付けが学べます。

お知らせ・コラム

高等師範科 振袖の基本

2022年11月21日 お知らせ



今月の高等師範科は振袖の基本です。
 補正のし過ぎはいけませんが、あまり細くても紐や帯が弛んだり落ちたりしますし、おはしょりにしわが出たりしますからある程度のふくらみが必要です、着る人一人ひとりで補正は違いますし、着物のサイズや帯の厚みを考慮して補正のタオルを調整することも大切です、丁寧に体型補正をして若々しく着付けられるように心掛けます。
 長襦袢を羽織らせ衣紋の抜き具合を決めますが、あまり抜きすぎると年配者のようになりますし、首に近すぎると普段着のようになりますから体型や身長を見て決めると良いでしょう。衿合わせは下がり過ぎないように、胸を被うくらいに合わせます、お腹周りをすっきりさせて裾つぼまりにしておきます。
着物は袖が長いので重みで衿が引っ張られ易いので少しの間袂を持ってもらうと良いですね、裾は褄下を上げすぎないけれど裾広がりにならないように、腰周りにぴったり着物を着け腰紐を補正のタオルに重ねしっかり締めます。衿合わせをして前後のおはしょりの長さを揃え伊達締めで平らに整えます。
 前面に良い柄が出る様に帯を巻き華やかに変わり結びをします、無理はしないでその帯の長さや硬さで作れるひだを使って仕上げます、後ろからだけでなくどこから見ても綺麗にしあげます、枕のガーゼや仮紐が見えない様に。
 帯揚げは弛まないように出来るだけ帯の中に入れた方がいいでしょう、帯締めが弛むと変わり結びが崩れたり帯が落ちたりしますから1度しっかり締めてから飾り結びにしましょう。

*お手持ちの物を使って手結びの着付指導をします。お気軽にお問い合わせください*
着付の名門 木久学院
静岡市葵区呉服町2-2 呉服町ビル4F
TEL: 054-255-9211

気軽に体験。ワンコイン!お試しレッスン!

お問い合わせ

きものを自分で着てみたい、
着付師の仕事をしてみたい方、
お気軽にお問い合わせください。
お試し体験レッスンも
お気軽ご来校ください

Copyright (C) KIKUGAKUIN. All Rights Reserved.